親方日記

新宿高島屋販売を終えて

2019年10月06日 カテゴリ:親方日記

新宿高島屋での「大九州展」を終えた今、思う事。

本当に初めての九州外、しかも東京での販売という事で、お誘い頂いた高島屋バイヤー藤井様への、思いへの「ご恩返し!」と言う気持ちで、店員が一致団結出来たことは、近年、低調ながらも安定していた「外販はしない、来て頂くお客様に全力でお応えするのみ」の、ぼんやりしているが当店唯一無二のポリシーを良い意味で打破出来るきっかけになったと実感しています。

こういった「ご縁」はとても貴重であり、店売りで満足に浸っていた私を筆頭にした当店全員の心を動かした高島屋バイヤー藤井様の誠実なお気持ちは、当店の宝であると思っています。

こういった外販催事と言うのは、無数のデパート他の「課題」となっている様で、やっている最中、「是非ウチでも」等のお誘いが凄かったと報告を受けています。しかし藤井様以外の方には当店の触手は動かないと思っています。大変有難いのですが、我々の実力不足で今後、他の販売に出ていく事は無いと思います。どうぞご理解ください。