親方日記

前に進むしかない

2017年10月09日 カテゴリ:親方日記

輸入食品の脆弱性をひしひしと感じた「ママレード」。今後の販売は極力控えて行きたいと思います。なかなか全商品自家製と言うのは厳しい現実でも有りますが、お客様は「IBUSUKIで売っている物は大丈夫!」と感じてお買い上げ頂くわけで、その期待は裏切れません。~年末、来年に掛けて店内棚販売の「仕入れ品」は、ペーハー値の高い「マスタード類、ザウワークラウト等の付け合わせ類他」に絞り、徐々にチェンジします。もちろん自家製商品は一層の事、気持ちを込めて作って参ります。

楽しかった「オクトーバーフェスト」、頭の中のイロイロな事を振り切る為に、いつも思い出しています。「winkの相田翔子さん、

最高に綺麗な方だったなー」とか

   

あんなに苦手だったテレビ撮影も、「終わってみれば楽しかった」とか。サガン鳥栖のサポーターの皆さん達が、好き過ぎて「もっとサービスして上げれば」とかばかり思ってしまいます。

新人も頑張っています。教えるのが楽しい程です。

若い頃、何度も貯金してはドイツの小さな町のソーセージを食べて回った自分の様な経験をスタッフにもしてもらいたい。

冷蔵ショーケースも、日々アイディアを出し合って、新企画が沢山生まれています。